贈与税の重要点

1.

相続時精算課税制度を出来るだけ活用します。

2.

非上場の自社株を事業継承者に贈与前に「中小企業における経営の円滑化に関する法律」に基づき、非上場株式等についての納税猶予の特例を活用します。

3.

20年以上婚姻関係ある配偶者からの居住用不動産の贈与の特例を活用します。

4.

住宅取得等資金の贈与を活用します。

5.

資本金増資の際、第三者割当(子への割当て)を実施する場合、贈与税を試算します。

6.

孫1人につき1500万円の教育資金贈与の非課税枠を利用する

7.

税額0円の負担付贈与は、得か損かの判断の検討

8.

大谷津税理士事務所では、個々の贈与税の問題について、事前にサポートしております。